記事の詳細

胸腔鏡手術では内視鏡を使用することによっ小さな傷で痛みを最小限にする身体にやさしい治療方法です。いままでは手術後は痛みを我慢することが必要でしたが、胸腔鏡手術で治療効果を下げることなく体への負担を軽くすることが実現できます。

今まで手術自体が不可能であった高齢者の方、肺機能が低下している方にも手術が期待できる可能性が高まります。

こちらの医院では手術支援ロボットのダ・ヴィンチSiを導入しており、ダ・ヴィンチSiを利用した手術には術者は内視鏡で撮影された3Dハイビジョンの繊細な映像をしながらロボットアームを動かすことによって従来の内視鏡手術では難しかった緻密で正確な操作をおこなっていくことができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る