梅雨の風物詩あじさい

_

夏が来る前のジメジメとした時期に咲くあじさいの花は、国民的に愛されている花です。

あじさいが咲き始めの頃は、白っぽい色をしています。

しかし、次第に色が変わる事から「七変化」と言う名称もあります。

あじさいは5月から7月にかけて咲く花で、原産地は日本。

今やヨーロッパやアメリカ等で観賞用に広く栽培されております。

また、多くの品種が存在します。

花の色は、基本的には白、青、紫と分かれています。

ただ、そのあじさいの花の色は、土壌の酸性度によって変わるそうです。

土壌が酸性ならば、青、アルカリ性ならば赤となります。

花の色素はブルーベリーなどにも入っている「目の疲れによい」と言う成分で出来ています。

ここで、私が気になったのが、あじさいの花言葉です。

その、花言葉は「移り気」「高慢」「元気な女性」と比較的、つぶらな花びらで構成されているあじさいには似合わない言葉です。

が、よく見る紫のあじさいを思い出すと、気品が高い花のように見受けられます。

あじさいは古くから謳われている、和歌の季語として存在します。

又、ふるさと季節の花シリーズ3では切手にも顔を出している位の、存在感たっぷりの花です。

それだけ、国民に愛され親しまれている花です。

ただ、毒性もあります。

「美しい花にはとげがある」言葉通りあじさいには、青酸配糖体と言う成分が含まれています。

口から摂取すると、過呼吸、興奮、麻痺、痙攣などを起して中毒を起すとされています。

あじさいの花を食器に添えるのは大変に美しいものですが、食べるのは禁止です。

ジメジメする梅雨の季節を爽やかに彩るあじさいです。

おすすめ記事

  • 2017.7.7

    大阪赤十字病院

    こちらの総合病院では、設立が100年以上経った今でも、がんの診療や人間ドック、そ…

  • 2015.5.18

    ふらわりーあーと ゆり

    アートフラワーを専門に取扱っているフラワーショップで永遠に残す事の出来る造花アレ…

  • 2015.10.5

    丸亀フラワーセンター

    店頭で豊富な種類のお花を見る事ができるお店で様々なシーンに合うお花を探す事が出来…

  • 2019.10.5

    医療法人 清原皮フ科

    アトピー性皮膚炎からニキビ、良性皮膚腫瘍、陥入爪など、幅広い症状に対応してもらえ…

  • 2016.5.2

    株式会社おんちゃんの花屋

    可愛いお花、こだわり抜いたお花を手にしたいという方にオススメなのが、こちらの「株…

  • 2020.8.26

    木下歯科医院

    院長が全ての治療からメンテナンスまで対応している歯科医院では、患者様一人ひとりに…

  • 2015.4.6

    フラワーショップ エール

    ”人にも地球にも優しく”をコンセプトに、エコに取り組みながらお花を取扱っているお…

  • 2016.7.1

    ふらわりーあーと ゆり

    ずっと綺麗なお花をお楽しみ頂ける、そんな癒しの造花専門のフラワーショップです。 …

  • 2018.3.1

    内科・消化器内科杉本クリニック

    地域のかかりつけ医として専門医が診察や検査を行っており、患者様の負担や苦痛の少な…

  • 2016.9.2

    はと産婦人科

    女性特有の疾患や体の不調、日常で気になる女性ならではの体の事一つ一つ丁寧に対応し…

ページ上部へ戻る