牡丹の花は奥が深い

牡丹は日本の文化と密接な関係がある花ですが、原産国は中国です。

しかも、1929年までは、中国の国花でもありました。

牡丹は薬用に使われ、根の部分は漢方薬に使用されていて、ベオノールと言う成分が、消炎・鎮痛・止血に効果があります。

戦前は種からの栽培しか出来ませんでしたので、庶民からするとまさしく「高嶺の花」でした。

戦後には接ぎ木が考えられ、一般にも広がりました。

開花する時期によって「春牡丹」「寒牡丹」「冬牡丹」の品種があります。

牡丹の美しさは日本の文化歴史で見ることができます。

昔のたくさんの文人墨客が、牡丹を愛し絵画に残しているところからも分かります。

日本の家紋の一つで、「牡丹紋」として、その花や葉を図案化して使われています。

牡丹は名所として有名な場所がたくさんあるところから、特別な花として珍重されています。

面白いところでは食べ物にも牡丹をもじっているようです。

春の彼岸にお供えする「牡丹餅(ぼたもち)」は、牡丹が春に咲く事から名前の由来が来ています。

ですから、秋の彼岸には「おはぎ」と言う言葉にかわります。

また「獅子に牡丹」「牡丹に唐獅子」という言葉があり、これは組み合わせが良いとされて使われます。

過去をさかのぼってみても、様々な人から愛されてきたことがわかります。

園芸をされる方は、このように美しい牡丹を自分で栽培したいときっと思われることでしょう。

その時は、種から育てると開花まで時間がかかるので、苗から育てるのが一般的なようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2016.3.1

    Flower & Life アンズ

    大切な人に心からのお花を贈りたい方にオススメのお店です。 沢山の感謝の思いがこ…

  • 2016.2.1

    おはなやさん

    それぞれのニーズに合わせたお花を提供出来るように、日々努力されているお花屋さんで…

  • 2020.2.18

    しみずクリニック

    乳腺外科・内科・眼科をメインとしているクリニックです。土日祝日も夕方まで診療を行…

  • 2020.4.6

    意外にやってしまいがち!?間違った手洗いとは?

    手洗いは風邪や感染病、食中毒などを予防するためにとても大切なことですが、正しい手…

  • 2016.9.8

    のざきクリニック

    全身を総合的に捕らえた不調の予防、治療に力を入れているクリニックで、内科・消化器…

  • 2018.5.1

    宇山内科クリニック

    内科と消化器内科を設けていますので、一般的な内科の症状だけでなくアレルギーや生活…

  • 2016.1.4

    フラワーファクトリーききょうや

    週3回お花を仕入れていると言う事で、いつ店舗に訪れても新鮮で水水しいお花を沢山見…

  • 2016.6.1

    GRACE MARKET

    「花や植物から新しいライフスタイルを提案する」をコンセプトに活躍されているフラワ…

  • 2017.9.11

    大阪病院

    大阪病院、旧大阪厚生年金病院は、体制を2014年に変えて医療貢献しております。 …

  • 2017.10.4

    平和会吉田病院

    こちらは昭和3年に設立されて以来、今日まで社会医療に貢献しています。 そして、…

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る