お見舞いのお花について

お見舞いのお花について、造花を送ったらいいかどうかいろいろ考えました。
「入院患者はガーデニングが趣味で入院以来寂しい思いをしている。せめて花に水をやることで元気を取り戻してほしい」という狙いがあって贈るならそれは最適な選択となります。

「入院患者が花の好きな人であり、それでも病院の規定で生花の持ち込みが出来ない。代替手段として造花を選択しよう」というのが質問者さまが心を砕いて辿り着いた結論ならその選択が問題になることなどありません。

表面上の形式に縛られず「どんなものなら喜んでもらえるか?」と考えて選択することです。

ただし「見舞いといえば花が定番。それくらいが妥当」というような適当な気持ちであり、「先方がそれをもらって喜ぶかどうか知ったことじゃない」という程度にしか考えていないとしたら本末転倒。
「根が付いているか否か?」という以前に、贈るものを再考する余地はあるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2018.12.3

    くぼクリニック

    地域のかかりつけ医として循環器や呼吸器の疾患を中心に治療を行っているクリニックに…

  • 2020.12.3

    少しの工夫で医療費を節約できる方法

    医療費は生きていれば必要なもので、無理に節約するものではありません。しかし、少し…

  • 2019.8.12

    整形外科の選び方

    整形外科は日常生活を行なう上で怪我をしたり、その痛みによって生活に困難が生じた際…

  • 2016.11.22

    みうらクリニック

    様々な医療で治療を試みたいという方にぴったりのクリニックです。 主に癌を始…

  • 2017.8.7

    関西ろうさい病院

    昭和25年に設立されて以来、"良質な医療を、働く人々に、地域の人々に、そして世界…

  • 2018.6.1

    生駒熊本クリニック

    皮膚に関する疾患を専門に行っていて、大学病院レベルの最先端な治療をご提供すること…

  • 2018.1.9

    徐クリニックARTセンター

    不妊治療から高度な医療技術まで幅広く治療を行っている専門クリニックですから、婦人…

  • 2016.7.1

    ふらわりーあーと ゆり

    ずっと綺麗なお花をお楽しみ頂ける、そんな癒しの造花専門のフラワーショップです。 …

  • 2015.4.20

    kaorin

    足を踏み入れた瞬間にちょっとでも驚いて欲しいという気持ちから、日本では中々見る事…

  • 2015.4.6

    フラワーショップ エール

    ”人にも地球にも優しく”をコンセプトに、エコに取り組みながらお花を取扱っているお…

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る